法律相談のご予約・お問い合わせ承ります

0120-510-796

営業時間

AM 10:00 ~ 19:00 (平日 / 定休日:日・祝)
AM 10:00 ~ 17:00 (土曜 / 東京のみ)

勝浦法律事務所 弁護士一覧当事務所は、東京・大阪に拠点があり、両方で累計1,500件以上の債務整理を行い、債務整理・過払い報酬基準の低額化を試み、量を重点として置いております。

すべての債務整理・過払いの事案において、裁判を行い、過払金元本はもちろん、回収する日までの払いすぎた利息金額のほぼ全額の回収実績がございます。
もちろん、弁護士報酬を下げたからといって、交渉する業者との間で安易な和解などをすることはありません。

債務整理の報酬基準として多いのが、「着手金1社あたり2万1,000円、減額報酬10.5%、過払い報酬21%」というものかと思われます。
(もちろん、これより高い基準を用いる事務所もあれば低い基準を用いる事務所もあります。)
この費用相場が高いものだとまでは思っており、もう少し安くてもいいのではないかというのが本音です。

勝浦法律事務所 弁護士一覧

⇒過払い請求の弁護士報酬・費用の相場について

当事務所では、一般的な債務整理・過払い請求の弁護士報酬・費用の相場の約6割を目標として掲げております。
債務整理・過払い請求の報酬額を、「相談は無料、着手金0円、報酬金は1社あたり2万円、減額報酬6%、過払報酬12%」(税込)といたしました。

相談料 無料
着手金 0円
報酬金 1社辺り 2万円
減額報酬 6%
過払い報酬 12%

他所の法律事務所のホームページなどを見て、費用を比較していただければと思います。

⇒もちろん他の弁護士等からの切り替えの相談も受け付けております。

仮に同じ200万円を取り返すのに、過払金の不当利得返還請求をするのと、不貞の慰謝料請求訴訟をするのとでは、全く手間が異なります。
では、過払い金請求と不貞の慰謝料請求を比較した場合、弁護士報酬・費用は大きく違うのでしょうか?
実は、このような債務整理報酬の相場を前提にすると、手間が異なるはずの過払い金請求と不貞の慰謝料請求で双方の報酬はほとんど変わらない結果になるのです。
債務整理・過払い請求の弁護士報酬・費用の相場は、他の業務と比較すると、手間の割に高額となっていると考えています。

今後も費用の方針は変わらず行っていきます、相談をお待ちしております。
(但し、業者の経営が悪化し、倒産が見込まれるような場合には、回収見込みを検討した上で、例外的に、減額した上での和解を選択する場面もあり得ます。)。

弁護士法人 勝浦総合法律事務所の運営サイト

残業代未払い請求なら弁護士へ | 為替デリバティブ被害.com

法律相談のご予約・お問い合わせ承ります

電話でのお問い合わせ

0120-510-796

営業時間

AM 10:00 ~ 19:00 (平日 / 定休日:日・祝)
AM 10:00 ~ 17:00 (土曜 / 東京のみ)

メールでのお問い合わせ

予約・お問い合わせ

24時間受け付けております

Copyright© 弁護士法人勝浦総合法律事務所 債務整理 , 2016 AllRights Reserved Powered by micata2.